H22卒上田香織助教が2018年度iPSアカデミアジャパン研究助成に採択されました

2019年4月4日

標記の件上田香織先生よりご提供頂きました研究概要並びに上田先生のコメント掲載致します。御閲覧下さい。

【上田香織先生コメント】
 今回このような助成金を頂き大変嬉しく思うと同時に、思いがけず採択され身の引き締まる思いです。
 いずれ成果をご報告できるよう、精進して参ります。
 
・・・研究概要より一部抜粋(LHON研究の意義)・・・
 国内のLHON患者の動向については2014年に全国的な疫学調査が行われ、この年の新規発症者数は117名(うち男性:109名)と推計されました(Ueda K, et al. J Epidemiol, 2017)。またLHONの発症者は若年男性が多いことが以前から知られていましたが、この疫学調査でも新規発症者の約半数が10歳代から30歳代でした。しかし一方で、高齢化社会を反映してか、近年は中高齢者の発症の報告も増加してきています。
 このようにLHONの症例数は決して多くはありませんが、若年者に視機能障害を来す疾患として社会的損失が大きい疾患であると同時に、高齢での新規発症者も今後増加してくると考えられます。
 発症のメカニズムを解明することで治療法のみならず発症予防法を確立できる可能性があり、医学的にも社会的にも意義あることと考えています。
 
■ 研究概要(PDF 251KB)


授賞式写真1 授賞式写真2

前のページに戻る