最新情報

「朝礼暮改に陥った妊婦加算」 執筆:鎌江伊三夫(昭和60年卒)

2019年4月11日

標題の件、前田会長よりご推薦頂きましたキヤノングローバル戦略研究所月刊誌「CIGS Highlight」掲載コラムからの転載です。キヤノングローバル戦略研究様からの転載許可並びに鎌江伊三夫先生からもご了解とコメントを頂きました。以下掲載させて頂きます。閲覧ください。

【鎌江伊三夫先生コメント】
 このたび、前田会長より私のコラム記事転載のご推薦を頂き、誠に光栄です。昨年のトレンドな話題をもとにして、背景にある臨床研究や「価値に基づく医療」の重要性を論評した内容です。同記事の若干の改訂版が昨年末に日経メディカルオンラインでも報じられました。また、以下のサイトにも関連記事が掲載されておりますのでお知らせ申し上げます。
 https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t328/201903/560255.html
 広く神緑会の先生方のご関心を頂けるようであれば幸甚に存じます。  鎌江

■朝令暮改に陥った「妊婦加算」-問われる診療報酬改定の論拠と妥当性(PDF 582KB)

※本コラムはキヤノングローバル戦略研究所月刊誌「CIGS Highlight」からの転載です。

前のページに戻る