適切な医療活動は、COVID-19を克服するための道を切り開く ~最前線で働く人々へのポジティブメッセージ~

2020年7月8日

 神戸大学大学院医学研究科附属感染症センター臨床ウイルス学分野の森康子教授らの研究グループは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者対応病院(兵庫県立加古川医療センター)における医療従事者の抗体検査を行い、対象者全員が新型コロナウイルスに対する抗体陰性であったことを明らかにしました。この調査結果は、適切な予防を行うことにより、患者から医療従事者へのウイルス感染を防ぎ得ることを示した所見であり、世界中の医療従事者を大いに勇気づけるものと考えられます。
【本学サイトへ】

前のページに戻る