イベント情報

クリニカルサイエンス -原理と実践- 講師:永井洋士(臨床研究推進センター センター長/特命教授)

2018年7月6日

開催日時:
2018年9月6日 @ 18:00 – 19:00
2018-09-06T18:00:00+09:00
2018-09-06T19:00:00+09:00
開催場所:
神戸大学医学部 神緑会館 多目的ホール

クリニカルサイエンス -原理と実践- 【臨床研究推進セミナー】

【臨床研究従事者 必修講習対象セミナー(※)】

 本邦では、旧陸軍による人体実験をはじめ、非人道的な臨床研究が繰り返された歴史があります。そうした事実に対する反省も総括もないままに、わが国はただ国際的な合意に基づいて現行のGCPを受け入れました。しかしながら、その適用は薬事承認や適応拡大を目的とする治験に限定され、アカデミアで行われるそれ以外の研究は野放しにされてきた経緯があります。とりわけ、データの信頼性確保はあらゆる科学の基盤であり、それが無い限り、臨床試験は「科学」にはなり得ません。
 一方で、臨床試験はあくまで被験者の善意によって成り立つ人類の事業であり、従って、その成果は疾病の診断・治療・予防に最大限反映されねばなりません。
 本セミナーでは、ベーシックサイエンスとの違いに照らしてクリニカルサイエンスの考え方を深耕し、研究の実施に必要な要件と研究の枠組みについて概説します。

詳細はこちらのポスターをご覧ください(PDF 591KB)


★学外の方へ★ お手数ですが事前に受講登録をお願いいたします。
臨床研究推進センターホームページ:http://www.hosp.kobe-u.ac.jp/ctrc/researcher/seminar.html

★本学の方へ★ このセミナーの受講は、(下記※を除き)業務上必須のものではありません。 受講は任意です。 所定労働時間外の受講であっても超過勤務手当は支給されません。 ただし、上司からの業務命令(指示)を受けた場合、所定労働時間外の受講については超過勤務手当が支給されますので、 申告ください。

(※)「神戸大学大学院医学研究科又は医学部附属病院における臨床研究従事者等に関する教育・研修にかかる実施要項」で 規定されている、臨床研究従事者等が受講すべき教育・研修として本セミナーを選択し、上司からの承認を得て受講する場合 (各年度1回に限る) は、所定労働時間外の受講については超過勤務手当が支給されますので、申告ください。

<お問い合わせ先>
神戸大学医学部附属病院 臨床研究推進センター
TEL:078-382-5400

前のページに戻る